bluelines

本業は大学教員で言語学の研究者。このブログは最近殆ど写真ばかり。「まっすぐ撮る部」「ズームレンズ使えないマン」「全日本絞らない党」あたりでやっている。

六本木クロッシングと大竹伸朗展

美術展レポです。現代アート系はたいてい撮影OKなので楽しいです。

 

1. 六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

www.mori.art.museum

 

日本のアーティスト22組の作品展示。芸大の卒展の豪華版みたいな感じでとても楽しかったです。表現することを面白がっている、楽しんでいる感じがいい。僕はとくにAKI INOMATAの「ビーバーがかじった木」が好きでした。我々がモノに対してアート的価値を見出すという行為のヘンテコさを再確認した感覚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 大竹伸朗

https://www.momat.go.jp/am/exhibition/shinro-ohtake/

 

いやあ。凄かったです。紹介文に「猛々しい創作意欲でおびただしい数の仕事を」とありますが、まさに猛々しくておびただしい展示で、もうなんつーか手に負えない。展示においては作品に関する解説は最小限で、とにかく量と密度で殴られます。ひとりの人間の脳からこんなものがこんなに出てくるのかと思うと、価値観が軽く揺らぐような体験になります。とにかく凄かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真展・美術展めぐりはすっかり自分の生活に入りました。今年もこういう感じでやっていきます。