bluelines

本業は大学教員で言語学の研究者。このブログは最近殆ど写真ばかり。「まっすぐ撮る部」「ズームレンズ使えないマン」「全日本絞らない党」あたりでやっている。

シガツハズカム

f:id:gorotaku:20190405153501j:plain

 

 

春ですね。もう身も蓋もなく。

 

 

f:id:gorotaku:20190406121916j:plain

 

 

えらいもんで、春が来た途端に街から隙間が消える

 

 

f:id:gorotaku:20190406124329j:plain

 

 

全てが意味を持ってそこにいる顔をし始める

 


f:id:gorotaku:20190406132740j:plain

 

 

ねこもでてくる

 

 

f:id:gorotaku:20190401094258j:plain

 

 

この季節といえばの桜なんですが、僕はもはやはっきりと苦手な被写体ですね

 

 

f:id:gorotaku:20190401094526j:plain

 

 

なんか自由がない。「同じ角度のキメ顔しか撮らせてくれない美人」みたいな

 

 

f:id:gorotaku:20190405122826j:plain

 

 

桜自体を自分が撮りたいのかも定かではなく

 

 

f:id:gorotaku:20190405123046j:plain

 

 

桜に引っ張られて自分の感覚がぼやけていくのがわかる

 

 

f:id:gorotaku:20190405151800j:plain

 

 

なので色々抵抗してみている

 

 

f:id:gorotaku:20190405150824j:plain

 

 

仕事が始まったので、普段の持ち歩きはGR IIIだけになりがち

 

 

f:id:gorotaku:20190406123648j:plain

 

 

それもあってか影を撮っている

 

 

f:id:gorotaku:20190406131550j:plain

 

 

 光の質が冬とは違うんだな

 

 

f:id:gorotaku:20190406130649j:plain

 

 

しかし夏の太陽ほどではない

 

 

f:id:gorotaku:20190406122146j:plain

 

 

ゆるい影も好き

 

 

f:id:gorotaku:20190406132541j:plain

 

 

影の中にはまだ隙間がある

 

 

f:id:gorotaku:20190406124902j:plain

 

 

なるほどここに光が当たるのだな

 

 

f:id:gorotaku:20190406121709j:plain

 

 

光は空からやってくる

 

 

f:id:gorotaku:20190406125205j:plain

 

 

あるべき姿をしそこねて

 

 

f:id:gorotaku:20190406132926j:plain

 

 

猛烈に青かったり

 

 

f:id:gorotaku:20190406132458j:plain

 

 

白く滲んでいたりする

 

 

f:id:gorotaku:20190405153523j:plain

 

 

「ありのまま」なんてもう関係ないのだ、生きてることに忙しすぎて。