読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluelines

女子大教員。大学教育・言語・ねこ・写真とカメラなどについて。

豊洲新市場の柱の傾きに関して、フジテレビ『新報道2001』における「捏造」疑惑

今、結構頭に来ています。

10月2日放送のフジテレビ系「新報道2001」にて、「豊洲新市場の建物の柱が傾いている?」という「疑惑」が報じられました。そもそもこの「疑惑」自体、ほぼ根拠のないデマといってよいものと思いますが、問題はそれだけではありません。番組内で重要な「証拠」画像を、自分達の都合のいいように加工して使用しているという疑惑があります。もしこの加工が本当なら、これはもう「捏造」と言うべきレベルの問題です。

では順を追って説明していきましょう。

 

番組の流れ

今回検証に用いたのは、YouTubeにアップロードされていたこちらの動画です。まず番組冒頭で、この「柱が傾いている疑惑」が報じられます。関連箇所を文字起こししました。

(1:59より、VTR映像)
ナレーター「こうした問題は何も地下空間だけではない。我々はある一枚の写真を入手。あれ、柱が傾いている。」

f:id:gorotaku:20161003001239p:plain

ナレーター「これは、中央区渡辺恵子議員が、豊洲市場の加工パッケージ棟4階の柱を撮影した写真。左の柱が傾いているように見える。これは目の錯覚か。」

(中略)

(VTRからスタジオへ、)

大島由香里アナ「さて、この豊洲問題どうやって安全宣言出していこうかっていうことが問われている中で、VTRでもご紹介いたしましたが、豊洲の地下盛り土問題以外にも問題があるのでは、と疑ってしまうような写真、今回入手したんですね。」

f:id:gorotaku:20161003001309p:plain

大島由香里アナ「えー中央区の、渡辺区議から提供していただいたこの写真なんですけども、豊洲市場加工パッケージ棟のこちら、4階の写真なんですけれども、柱がですね、このように真っ直ぐ立っている中で、この柱がちょとこっちに傾いているようにも見える(「確かに見えますね」)写真があります。」

(中略)

須田哲夫キャスター「森山さん柱の場合ですね、確かにカメラのレンズの歪みということも考えられるんですが、森山さんどう思いますか」

森山高至氏「うーん、あの、またしかにこれ、ちょっと、妙なカタチに曲がってる、もし歪みがあるなら同じ方向にですね、上でこう梁でつながってますから、建物っていうのは(「二つが並行に見えないですね」)そうなんです。だから四角なものが少し歪むとするとひし形にちょっと、っていう。ところがこれ、角度がね、違うので、非常にこうまあ、奇妙だな、と。(「どういう見方もできちゃうってことですか」)あのー、例えばそのレンズの歪みだとか、そういうったこと、なのかなあ、と。もしそうでなければ、はじめからこう、左の柱だけが、ちょっと位置が違っていると。垂直に立ったものが微妙にずれたと言うふうには何か思えない。(「なるほどねー」)」

 

広角パース

では、この報道の内容にツッコミを入れていきます。

まず問題の発端、区議が撮影したという写真ですが、これは明らかに「広角パース」のついた写真です。完全に垂直に立つ柱がこのように写るのはよくあることですし、この画像からは豊洲市場の柱に問題があるかどうかは全くわかりません。

建造物などを、カメラを下向きに傾けて撮ると、垂直線が上から下に向けてすぼまっていくパースがついて写ります。結果として、柱などが一見「傾いている」ように見える写真になります。これは、あらゆるカメラ・レンズで起こることです。スマホカメラを使って、その辺の壁の模様なりドアなりで試してみて下さい。ちょっとでもカメラを下に傾けると、垂直線が下に向けてすぼまっていくのがわかるはずです。

この種のパースは、特に広角気味のレンズで撮った写真で目立つものになります。ちょっと前に、こんな記事が話題になりました:

digibibo.com

「素人が撮った写真を、フォトグラファーが撮り直したら、すぐに家が売れた」というニュース。上のリンク先記事内から、素人撮影「Before」の写真とプロ撮影「After」写真を拝借して並べてみます。

Before:

f:id:gorotaku:20161003001639p:plain

After:

f:id:gorotaku:20161003001705p:plain

Beforeの方で、柱ががっつり傾いて見えるのがわかるでしょうか。広角レンズで、カメラを下向けて撮ると絶対にこうなるんです。Afterはカメラを水平に構えているので、垂直な線が垂直に写っています。

「パースがついて柱が傾いて見える写真」は、この世の中でとてもありふれたものです。例えば、様々な賃貸物件サイトの内覧写真をちょっと漁れば、もういくらでも出てきます。そして番組内で、「あれ、柱が傾いている」と煽られている写真も、どう見てもこの種のありきたりな広角パースに過ぎません。

そもそもテレビ関係者なら、カメラマンは絶対に広角パースについて熟知しているはずなので、元の画像を見たらすぐに「こんなの騒ぐようなものじゃない」という判断はできるはずです。しかし「新報道2001」は、現地調査もせず、写真を撮った区議に直接確かめることもせず、豊洲地盤沈下につなげながら、なにか差し迫った危険があるかのような報道を行いました。この時点でまず、報道機関としての倫理観を疑いたくなります。

 

スタジオで使用された写真は加工されている?

しかし、もっと深刻な疑惑があります。番組内VTRが終わった後、場面はスタジオ内に移ります。そこでは説明用のボードが用意され、その中に「柱が傾いている」写真も載っています。しかしこの写真、見る限りどうもVTRで用いられたものと違うんですね。

まず、VTR中の写真です。画面左側の柱は、上部が左に向けて傾いています。画面右側の柱は、右に向けて傾いています。広角パースはレンズ光軸を中心に左右対称につきますから、これは自然なことです(上の引用写真、Beforeの方をもう一度見て下さい)。わかりやすいように、柱の線をなぞったものと並べてみましょう。

f:id:gorotaku:20161003002039j:plain

f:id:gorotaku:20161003002052j:plain

f:id:gorotaku:20161003002101j:plain

 

これに対して、スタジオ内ボードの写真は、画面右側の柱二本が真っ直ぐに見えるのです。

f:id:gorotaku:20161003002240j:plain

f:id:gorotaku:20161003002252j:plain

f:id:gorotaku:20161003002302j:plain

この「右の柱が真っ直ぐ」は、出演者にも意識されています。アナウンサーが、ボールペンを横に並べながら、「柱がですね、このように真っ直ぐ立っている中で…」と説明しているのです。

f:id:gorotaku:20161003002458p:plain

 

最後に、VTRの中の写真と、ボードの写真を横に並べてみます。

f:id:gorotaku:20161003002404j:plain

まあ、簡単に言ってしまえば、これはおそらく区議から入手した画像を、スタッフが回転させています。画面右側の柱が真っ直ぐに見えるよう加工して、左端の柱が「傾いている」ことが際立つようにしています。(そこまでやったんだったらどうしてVTRの中の画像はそのままなんだ、と悩みますが)

画像の回転加工自体は僕もよく利用します。しかし問題なのは文脈です。今回は「柱が傾いているのか?」という疑惑を報じる報道番組が、その唯一の証拠である画像を傾けて使っていた、という疑惑が生じています。これが事実であるなら、到底許容されるものではないと思います。


最後に一言。こんな雑な「報道」、視聴者は相当ナメられてると感じます。豊洲新市場移転問題に関する立場に関わらず、こんなにいい加減に不安を煽るようなやり口には抗議していかなければなりません。最後に損をするのは自分達なんですから。