読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluelines

女子大教員。大学教育・言語・ねこ・写真とカメラなどについて。

フィルムで猫を撮る

お題「やっぱりフィルム写真が好き!」

※4/9にお題追加。こんなのあったのですね、せっかくなので参加。

 

f:id:gorotaku:20160408222919j:plain香川県、男木島。山の上の神社、ちょっとキツネっぽい顔つきの三毛猫。

 

 

この三月末、旅をしてきました。福井から沖縄まで、有名なねこスポットを渡り歩き、ねこに出会う旅です。

旅に出るとき、どんなカメラを持って行くかはいつもギリギリまで悩みます。今回、たまたま出発直前に、岩合光昭さんの『猫にまた旅』を買ったのです。岩合さんがフィルムカメラで撮ったねこの写真集です。

岩合光昭写真集 猫にまた旅 フィルムカメラ編

岩合光昭写真集 猫にまた旅 フィルムカメラ編

 

この写真集を見て、「ねこをフィルムで撮ってみたい」という気持ちが止まらなくなりました。そんなわけで心は決まり、かばんにフィルムカメラを突っ込んで撮ってきました、西日本各地のねこです。カメラはFM3A、レンズはPlanar 1.4/50、フィルムはPortra400。

 

 

f:id:gorotaku:20160408222924j:plain

京都の哲学の道、若王子近辺。

 

f:id:gorotaku:20160408222929j:plain

朝日を浴びながら毛繕い。

 

f:id:gorotaku:20160408222935j:plain

梅宮大社@京都、神社によく似合うしろねこ。

 

f:id:gorotaku:20160408222946j:plain

男木島。昼に寝るから昼寝である。

 

f:id:gorotaku:20160408222940j:plain

男木島は、「ねこの群れ」に会える場所。

 

f:id:gorotaku:20160408222952j:plain

高台から街を見下ろす。すぐ先はもう海。

 

f:id:gorotaku:20160408222958j:plain

香川の佐柳島。海沿いの防波堤に沿って並ぶ。

 

f:id:gorotaku:20160408223004j:plain

当然、防波堤に乗ることもある。

 

f:id:gorotaku:20160408223009j:plain

「全く隠れる場所がない路上」でスヤスヤ眠れてしまうのは、島のねこの特徴らしい。

 

f:id:gorotaku:20160408223012j:plain

沖縄、竹富島。たぶんきょうだい、ブルーとイエローの眼。

 

f:id:gorotaku:20160408223019j:plain

完全に拒否はしてないけど、完全に心を開いてるわけでもない表情。

 

f:id:gorotaku:20160408223025j:plain

竹富島のビーチ。青い空、白い砂浜、くろねこ。

 

フィルム・マニュアルフォーカス単焦点レンズでよそのねこを撮る、ということを実際にやってみると、岩合光昭さんがどんだけとんでもない人なのかが身に沁みてわかります。
 
ねこだけを撮ることは、まあできなくはないんですよ。でも岩合さんは、その土地のその土地らしい光景を背景に、その場にいるねこの自然な表情を撮るんです。どうしてねこがそこに来てくれるの?どうしてそんな自然な表情をしてくれるの?
 
岩合さんは19mmとか28mmとかを使って撮ってるんですが、そんな広角レンズだともう、ねこの鼻先でカメラ構えないとダメなんですよ。どんなチート技術を使えば、ねこの鼻先でカメラ構えて背景を見ながら構図を決めてピントを合わせつつねこがいい表情をした瞬間にシャッターが切れるのか。凄いなあ凄いなあ。
 
 
そんなわけで、本当に楽しい体験でした。「自分がフィルムMFでよそねこが撮れる」ってのもすごく嬉しかったし、「もっともっともっとうまく撮れる人がいる」ということがよくよくわかったことも良かった。願わくばいつか、もう一度こういう旅ができたらいいなあと思います。