bluelines

本業は大学教員で言語学の研究者。このブログは最近殆ど写真ばかり。「まっすぐ撮る部」「ズームレンズ使えないマン」「全日本絞らない党」あたりでやっている。

雨の始まりと終わり

f:id:gorotaku:20200730180949j:plain

 

川まで歩いた。歩いただけ。特に何も変わらなかったけど満足した。

 

f:id:gorotaku:20200730181307j:plain

 

我々の社会って、「苦役」を「褒美」でバランスとるみたいな設計になってると思うんですよ。苦しんで満員電車で出勤した、だから仕事終わりに生ビールで乾杯して騒ぐ。苦しんで受験勉強した、だから東京の大学で楽しいキャンパスライフ。でも今、飲み会も、推しのライブも、とにかく楽しいことが軒並みリスクになってしまった。「褒美」のコストが理不尽に高くなってしまった。

 

どうするかって、「苦」の部分を緩和するしかないと思うんだよな。もう、より苦しんで我慢して頑張ることこそが尊いのだ、みたいな概念は捨てて。なるべく優しく、楽しく回せるように知恵を出して。他人が十分に苦しんでいない、と責めることも止めて。

 

f:id:gorotaku:20200730182025j:plain

 

とにかくこの雨はまだまだ続く。変えていくしかない。

 

f:id:gorotaku:20200730182254j:plain

 

8月がやってくるよ。