bluelines

本業は大学教員で言語学の研究者。このブログは最近殆ど写真ばかり。「まっすぐ撮る部」「ズームレンズ使えないマン」「全日本絞らない党」あたりでやっている。

iPhone 11 Proはねこが撮れる

f:id:gorotaku:20190920205933j:plain

ごまちゃん。

 

iPhoneをアップグレードしました。2年半使っていた7から、11 Pro maxに変わりました。7比較でいうと、カメラは異次元です。ねこを撮ってみてショックを受けました。テクノロジーこえー。今回エントリ中の写真は全てiPhoneです。

 

 

f:id:gorotaku:20190920211000j:plain

 

 

7と11の何が違うって、ポートレートモードを使ってボケをつくることができる点です。ポートレートモード自体は8以降あったのは知ってますけど、自分で使ったのは初めてだったんです。

 

 

f:id:gorotaku:20190920211101j:plain

 

 

光学的なボケではなく、ソフトウェア処理によるものですが、それなりに破綻しないものができます。

 

撮った写真はそのままLightroom Mobileで現像。SNSサイズで見るなら、カメラ専用機で撮ったものと容易に区別できない写真になる気がします。

 

ではねこ作例を並べまてみましょう。せっかくなので近所のねこカフェにも行ってきました。

 

f:id:gorotaku:20190920225456j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190920235444j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190920234127j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921083343j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921151142j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921152446j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921152900j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921152937j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921153842j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921154358j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921154525j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921155145j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921155849j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921160546j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921180527j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921181121j:plain

 

 

 

f:id:gorotaku:20190921181456j:plain

 

 

少なくとも僕にとっては、これは「カメラもういらないな」というものではありません。ちゃんと見たら画質の差は歴然とありますし、ひとがひとのかたちをしている以上、グリップと物理ボタンを持つカメラ専用機のハンドリング上のアドバンテージは消えません。今後どれだけスマホが進歩しても、僕が物理キーボードのないデバイスで論文を書くようにはならないだろう、というのと同じです。しかしそれでも、「ねこが撮れるようになってきた」ことのインパクトはすごく大きい。

 

そしてまた一方で、今後「カメラやってみたいと思うんだけど、何買ったらいいですか?」という質問には、「とりあえずスマホを最新機種にして、あとはLightroomを覚えなさい」と返すことになる、と思います。写真を撮るという行為自体を楽しむためには、カメラ専用機を使うべきです。撮ることについて見えてくるものが全然違います。しかし、日常に訪れるあれこれをきれいな写真で記録に残したい、という目的ならば、「基本いつでも持っている」というスマホのアドバンテージが強烈に効いてきます。スマホはどの道生活必需品ですから、それがこのレベルで撮れるようになってきた今、多くの人はこれで十分になるように思います。

 

二年以上同じスマホを使ってきていて、そろそろ新しいのが欲しいなあと思っている人、これはいいタイミングじゃないですかね。他メーカーのフラッグシップ機でも同じようなことはできると思います。

 

iPhone 11 Proカメラのもう一つの目玉、超広角レンズについては、気が向いたらレビューします。まだブログエントリを書けるほど写真が撮れてないんです。超広角って見た目のインパクトはあるけど、写真としてまとめるには結構難易度高いからね。

 

それではまたにゃーん。