bluelines

本業は大学教員で言語学の研究者。このブログは最近殆ど写真ばかり。「まっすぐ撮る部」「ズームレンズ使えないマン」「全日本絞らない党」あたりでやっている。

RICOH GR IIIで写真を撮っている

f:id:gorotaku:20190327115449j:plain

ほんと何気なく撮ったらこんな風に写ったりするので困る。

 

こないだGR IIIのレビューを書いたら、なんか結構な騒ぎになりまして

bluelines.hatenablog.com

5chにリンクが貼られて、「AFが遅い?置きピンしろ下手くそ!」と罵られていました(苦笑)。いや、そういうことじゃなくない?

で、しばらく使ってますけど、印象は全く変わりません。難しいカメラです。「俺には俺のやり方があるんでい」的な、頑固職人みたいな気配があります。それに対して僕は、(換算)28mmのパンフォーカスで撮る、という脳が全く発達していないため、どうやったらこのカメラと僕の間に「共通の話題」を見出せるのか、常に探っているような形です。

ただ、やっぱ何かあるんだよね。他のカメラでは撮れなかった何かが写るときがある。それが「いい写真」なのかどうかはよくわからないんだけど、よくわからないのは好きなので、もう少し撮り続けてみる。

以降、僕とGRIIIがどうにか噛み合うことがあるんじゃないか、と思えたネタをいくつか。

 

1. 光の影 

f:id:gorotaku:20190324163326j:plain

 

 

スナップシューターならでは、なんでしょうか。一日のうち一瞬しか起こらないような光と影を狙える機会が増えた、と感じます

 

 

f:id:gorotaku:20190327140005j:plain

 

 

この点GRIIIは、シャドウが潰れにくいのがとても良いです

 

 

f:id:gorotaku:20190324171501j:plain

 

 

こうなるとどちらが光でどちらが影なのかわからない

 

 

f:id:gorotaku:20190326160814j:plain

 

 

ほんとシャドウ残るなあ

 

 

f:id:gorotaku:20190326162419j:plain

 

 

ボールの艶がいい

 

 

f:id:gorotaku:20190326163915j:plain

 

 

「こういう瞬間に取り出せるカメラ」ってのはやっぱり貴重です。

 

 

2. 動く

f:id:gorotaku:20190327141027j:plain

 

 

元来広角のレンズに手振れ補正、SS1秒くらいまでは止まる感じです。Tvモードを1/6くらいにしておいて、チャンスが見えたらダイヤル回すだけですぐにスローシャッター写真が狙えます。

 

 

f:id:gorotaku:20190328174521j:plain

 

 

夕暮れが肩落とす駅に立って

 

 

f:id:gorotaku:20190324173157j:plain

 

 

電車は走る 電車は走る

 

 

f:id:gorotaku:20190327125843j:plain

 

 

走る電車の中からも狙えるんですが、これはもう完全に偶然まかせ

 

 

f:id:gorotaku:20190327125614j:plain

 

 

時々偶然が面白い

 

 

f:id:gorotaku:20190326163605j:plain

 



粒子感は電車の窓の汚れによるものです

 

 

f:id:gorotaku:20190327141651j:plain



都会では人は止まらない。

 

 

3. 空が青いから

f:id:gorotaku:20190326155746j:plain

 

 

これはホント、このカメラ最大の謎です

 

 

f:id:gorotaku:20190327134904j:plain

 

 

何気なく撮った空が、「は?」という写真になる

 

 

f:id:gorotaku:20190317163826j:plain

 


現像パラメータはこれでも抑えてるんです

 

 

f:id:gorotaku:20190327134049j:plain

 

 

いわゆるレンズ由来の周辺減光とは違うんだよな、実は

 

 

f:id:gorotaku:20190324165142j:plain

 

 

空の微妙な明るさの違いががっつりRAWに乗ってる

 

 

f:id:gorotaku:20190328171336j:plain

 

 

現像するとそれがグイグイ浮き上がってくる感じ

 

 

f:id:gorotaku:20190327135017j:plain

 

 

ちょっとした光量の違いでこうだからね

 

 

f:id:gorotaku:20190327131317j:plain

 

 

シャドウが潰れないので、露出を落とせるから、結果ハイライトも飛びにくい

 

 

f:id:gorotaku:20190317170716j:plain



このショットに至っては本当に謎。自分でもどう扱ったらいいかわからない。これは写真なのか?

 

 

GR IIIで撮っていて、バッテリーが切れたのでZ6+58mmに切り替えたんです。そしたら楽なのなんのって。「こう撮ったらこう写る」がわかることがこんなに楽だとは思いませんでした。

だけど次の日になったら、やっぱりまたGRで撮りたくなってしまうのだな。何だかわからないけどそういう魔力があるカメラ。Z6と何もかもが完全にキャラが違っているのも良いのかもしれません。まだしばらく付き合っていくつもりです。