bluelines

本業は大学教員で言語学の研究者。このブログは最近殆ど写真ばかり。「まっすぐ撮る部」「ズームレンズ使えないマン」「全日本絞らない党」あたりでやっている。

NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sで写真を撮っている

f:id:gorotaku:20181203161306j:plain

何も撮ってない写真ですが、キレとボケの対比だけでも成立します。

 

Nikon Z6を買ったので写真を撮った - bluelines

Nikon Z6で写真を撮っている - bluelines

 

続きです。Z6と一緒にレンズを一本買いました。NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sです。

www.nikon-image.com

 

35mm単焦点でf/1.8という平凡なスペックの割に値段お高め。コンパクトなわけでもないしマクロでもない。地味で無粋な外見。正直、カタログで見ている限り「このレンズ何?ニコンはどうしたいの?」です。僕もマップカメラのポイントが貯まってなかったら買っていなかったと思います。

ところが実際に撮ってみると、これがおそろしいほどよく写るのです。近景は滑らかにクリーンに、遠景はどこまでもシャープに写ります。諧調が豊かで、ハイライトがものすごく粘ります。明るくても暗くても、近くても遠くても、開いても絞っても撮れる。こんなに何でも撮れてしまうレンズ、僕は初めてです。

 

f:id:gorotaku:20181129185319j:plain

ねこの毛はふわふわに写り

f:id:gorotaku:20181201150727j:plain

葉の一枚一枚がシャープに写ります

f:id:gorotaku:20181129182038j:plain

普段料理を撮らないのがバレる写真ですが

f:id:gorotaku:20181205160653j:plain

開放。この距離でねこ2匹が被写界深度内に収まります。

f:id:gorotaku:20181125184004j:plain

F11。等倍で見るとどこまでもシャープです。

 

Z6が届く前は、マウントアダプターでいろんなレンズを使えるのが楽しみでした。実際、最初は毎日レンズをとっかえひっかえしていました。でもだんだん持ち出すのがZ35S一本になってきました。これ一本で何でも撮れてしまう。初めてです。

 

f:id:gorotaku:20181205162013j:plain

f:id:gorotaku:20181205204609j:plain

 

 

f:id:gorotaku:20181201120634j:plain

f:id:gorotaku:20181201122236j:plain

 

 

f:id:gorotaku:20181202151600j:plain

f:id:gorotaku:20181201120440j:plain

 

 

f:id:gorotaku:20181202150953j:plain

f:id:gorotaku:20181202151133j:plain

 

 

f:id:gorotaku:20181205163815j:plain

f:id:gorotaku:20181205162114j:plain

 

単焦点レンズのラインアップというのは、普通f/1.8シリーズの上にf/1.4シリーズの高級品を置くものですが、もうこれだとf/1.4いらなくない?これで十分すぎない?そう考えるとこの価格も、むしろリーズナブルじゃない?などなど混乱しています。初めてです、こんなの。