bluelines

本業は大学教員で言語学の研究者。このブログは最近殆ど写真ばかり。「まっすぐ撮る部」「ズームレンズ使えないマン」「全日本絞らない党」あたりでやっている。

レンズポルノ#6: AI AF DC-Nikkor 135mm f/2D

f:id:gorotaku:20180329211955j:plain

クセがすごい。

と、しか言えないレンズ。最大の特徴は「DCリング」という機能で、回すと収差が増えます。ただし収差が増えてどういう写真になるかっていうと全く予測不可能で、撮ってみるまでわからない。135mmという長さと相まって、最初は全く使い方がわからなかったのです。

 

 

 

 

f:id:gorotaku:20180218155327j:plainただ、わからないなりに撮ってると、なんだかすっごい当たりが出るのだな。ファールかもしれないけども、飛距離はすごい。

 

 

 

 

f:id:gorotaku:20180329165229j:plain

 

f:id:gorotaku:20180329164539j:plain

 

f:id:gorotaku:20171202145116j:plain

135mm f/2の距離感と被写界深度にも独特なものがあって、「こんな構図あったの?」みたいな世界が生まれる。

 

 

 

 

ここ数日、このレンズで桜を撮ってて、「あ、こういうの撮りたかったんだ」っていうのがいくつか出ました。輪郭がにじんだ世界を表現する力においては、たぶん唯一無二のレンズだと思います。

 

f:id:gorotaku:20180328162938j:plain

 

f:id:gorotaku:20180328163231j:plain

 

f:id:gorotaku:20180328164237j:plain

 

f:id:gorotaku:20180328164621j:plain

 

f:id:gorotaku:20180329114338j:plain

 

f:id:gorotaku:20180329114955j:plain

 

しかし何考えてこんなレンズを作ったんでしょうね。ニッコールの驚異です。