読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluelines

女子大教員。大学教育・言語・ねこ・写真とカメラなどについて。

レンズポルノ #5 - AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

今週のお題「2016上半期」

f:id:gorotaku:20160626201848j:plain

上半期というかつい先週ですけど、新しいレンズが来ました。24mm 1.4G。各所で凄いぞヤバいぞと言われている奴なんですが、これまでは24mmという画角に手がでなかった。6月だし雨降ってるし、新しい世界を求めて迎え入れました。

 

で、まずはいつも通りにねこでテストショット。F1.4開放です。

f:id:gorotaku:20160619175904j:plain

このボケ方、フローリングの桝目線がなだらかに消えていくボケ方を見て、なんか変な声が出ました。ああこれヤバいやつだ。ヤバいレンズが来ちゃった。5814Gが来た時を思い出しました。

bluelines.hatenablog.com

 

で、撮るんですけど、やっぱり24mm難しい。絞って遠景撮るだけだったらズームレンズでもいいわけで、やっぱり開放付近でボケ味を活かしてみたいのですけど、色々背景に入ってくる上にパースが強く出るので整理に苦労します。ちなみにこのレンズ、絞り開放から画面隅まで玉ボケが丸くなるという、なんかよくわからんことになってます。

f:id:gorotaku:20160621110557j:plain

 

 

以下、全て1.4開放で撮った写真。

f:id:gorotaku:20160621105223j:plain

 

f:id:gorotaku:20160626141431j:plain

 

f:id:gorotaku:20160624182144j:plain

 

f:id:gorotaku:20160626140910j:plain

 

f:id:gorotaku:20160624181558j:plain

 

f:id:gorotaku:20160626151524j:plain

 

f:id:gorotaku:20160620173618j:plain

 

このレンズ、本当に凄いです。わあ解像してるーとか、わあ収差出ないーとか、そういうのとは一味違う凄さです。アウトフォーカス部分の質感が、とても美しく非現実的なんです。目で見える光景とは完全に違う何かが写るレンズです。ニッコール恐るべし。